モバゲー 大富豪

逆転劇が楽しい大富豪

モバゲーのゲームの中でも定番中の定番として、多くのプレイヤーに楽しまれている大富豪。
誰もが一度は遊んだことがある定番ゲームの1つではないだろうか。

 

大富豪とは、トランプカードを使った数あるゲームの中の1つである。
ただし、日本で生まれたローカルゲームであるため、海外ではほとんど知られていない。

 

 

人気の定番ゲームが盛り沢山!!

▼大富豪も無料で遊べるぞ!▼

 

 

基本的なルールについて

 

大富豪は基本的には3人以上で行うゲームであり、人数が増えればゲームがより一層楽しめる。

 

カードには強さがあり、数字では「3」が一番弱く、「2」が一番強い。ジョーカーは最強となっている。
ポーカーなどのように、クローバーやダイヤなどによって強さが変わることはない。

 

一番最初にプレイするときは、プレイヤー全員に平等にカードを配布し、プレーを開始する。
プレーを最初に行うのは、平等にするために、じゃんけんやサイコロなどでプレイ順番を決める。

 

カードは1枚出しでもいいし、ペアで出しても構わない。
ただし、最初に出したプレイヤーに合わせる必要があり、ペアで出された場合は、その後全員がペアで出す必要がある。
また、出されたカードよりも強いカードを出す必要があり、誰も出せなくなった場合、場が流れ、最後に出したプレイヤーから新たにゲームが開始される。

 

パスは無制限にすることができる。
これは戦略的に大きな意味を持っているため、プレイヤー同士の騙し合いが非常に面白い。

 

最初に全てのカードをなくしたものが勝者となる。

 

勝者の順に「大富豪」⇒「富豪」⇒「平民」⇒「貧民」⇒「大貧民」となり、次のゲーム開始時に、大貧民は大富豪に最強カードを2枚渡し、貧民は富豪に1枚最強カードを渡す必要がある。同様に大貧民と貧民は渡したカードの枚数分の最弱カードと交換される。

 

次からは大貧民からプレーが開始され、同じようにゲームが進行する。
普通に考えれば大貧民から抜け出すのは難しいと思うかもしれないが、カードの強さが逆転する「革命」が存在する。

 

革命は一度に4枚カードを場に出すことができれば成立する。

 

ただし、この大富豪の難しいところは、ローカルルールであるということ。
地域によって特殊なルールが存在するため、ルールが明確に決定しているわけではない。

 

もちろん、モバゲーなどのゲームで登場する大富豪はきちんとルールが設定されているため、安心してゲームを楽しむことができる。

 

大富豪は単純なゲームではあるが、非常に奥が深く、また相手プレイヤーとの騙し合いがスリル感を演出する。
一度プレーするとハマること間違いなし!!

 

 

大逆転も夢じゃない!!

▼大富豪もモバゲーで遊ぼう♪▼